会社の破産を検討されている方へ

バブル崩壊後,不況が長期化し,失われた10年とも20年とも言われていますが,特に中小企業の経営難は深刻になっています。資金繰りに窮し,会社の再建が困難であれば,法的には破産を検討するべきと言えますが,中小企業の場合,破産申立てについて,安心して気軽に相談できる弁護士が身近にいないこともあり得ます。

そういうときは,是非当事務所にご相談下さい。相談は無料で承っております。

破産とは

破産とは,債務の支払いができなかったり,債務超過であったりするときに,裁判所に申立てをして,法人の資産を換価し,債権者に公平に配当する手続きです。

法人破産の場合,通常は破産管財人が選任され,破産管財人が法人の資産の換価や債権者への配当を行います。

破産するメリットとは

会社の経営が行き詰まっても,破産せずにそのままにしてしまうケースもありますが,その場合には,債権者の取立てがいつまでも続く可能性があります。

また,中小企業の場合には,代表者が個人的に連帯保証している場合がほとんどですので,代表者個人に対する取立てもいつまで続くかわかりませんし,取立てが続くようでは経済的再生が難しく,いつまで経っても「やり直す」ことができないかもしれません。

破産を弁護士に委任すれば,債権者からの直接の取立てはストップしますので,債権者への対応をしなくてもすみます。

また,破産手続きが終わり,代表者の方の免責が許可されれば,債務を支払う義務はなくなりますので,返済の心配をすることなく,安心して生活の立て直しをすることができるようになります。

愛着のある会社を破産させるのは大変つらいことだと存じますが,会社の再建が難しいようであれば,是非当事務所にご相談下さい。相談は無料で承っております。もちろん秘密は厳守致します。

無料相談を行っています

アーク東京法律事務所は,面談による無料相談を行っています。
弁護士に相談されたい方は,お気軽にお電話ください。

電話番号 03-3263-5855

相談料は無料です。
土日・祝日はもちろん,緊急時の夜間対応も受け付けております。
秘密は厳守致しますので,安心してご相談下さい。

このページの先頭へ